経営方針

グループ経営目標

美と健康の分野においてなくてはならない企業グループとなり、
美と健康の分野でアジアNo.1となることを目指す

グループ売上高 1.5兆円

営業利益率 7.0%

2026年3月期

アジアNo.1のドラッグストアとなり、美と健康の分野でのリーディングポジションを確立すべく「グループ売上高1.5兆円、営業利益率7.0% (2026年3月期)」を目指します。
日本におけるドラッグストアの市場規模は8兆円を超え、今後も調剤、コンビニエンス、化粧品、ECなど、他の市場からのシェアを獲得する事で15兆円規模になるものと思われます。その様な環境下において、当社グループは、そのうちの10%程度のシェア獲得を目指します。